Support for employees社員をサポートする仕組み

Concept for Support考え方

考え方

弊社は経営理念を大事にしており、経営理念の骨子である「仕事現場でもプライベートでも誰かが困っている時にはともに助け合う」という精神や考え方を、実際の現場に反映し定着させていくための制度づくりや職場の雰囲気づくりに取り組んで参りました。

特に、功労者にはしっかりと報いること、年齢や学歴に捉われることなく実力者を抜擢するということ、一方で年長者を敬う心を大切にするということは、多様な人材が集まる会社運営においては不可欠であり、普遍的な部分だと認識しております。

自身の能力向上に取り組む従業員をこれまでの常識にとらわれないアプローチでサポートし、仕事の出来栄えや仕事を通じて備わった人望を評価・処遇できる基準や仕組みを持つことによって、すべての社員にチャンスがフェアに行きわたる会社を目指しております。

Skill acquisition技能を習得し易い環境

技能を習得し易い環境

入社後、新入社員には教育係がつき、実地での新入社員研修を約2ヵ月間行います(期間については個人差があります)。研修期間終了後は、個人の習得レベルに合わせて仕事を担当してもらう形をとっています。

就職後の長い職業人生を考えた時、これは一つの例ではありますが、例えば20代のうちに自分の武器となる専門性を身につけておくことは、充実した30代・40代を送っていく上で不可欠なことであると考えております。

これまで区画線工という仕事において習得すべき専門性というのは、先輩の背中を見て覚えるという、いわゆる職人的な環境のもとで身につけていくというのが慣例となっておりましたし、現在においてもそういった価値観が主流であるといっても過言ではありません。そういった中、弊社ではそれらの職人的な暗黙知を広く共有し、未経験の人であっても早い段階から専門性を身につけていくことができるようにすることが大事だと考え、工程における全作業に関するマニュアルを作成し、現場で運用しております。また、工程における作業の一つひとつの難易度・重要度を整理した上で、職務の遂行に必要な技術を社内スキルとして6つに区分し、それぞれの技術レベルに合わせて技術手当を支給するようにしております。

そうすることで、従業員は専門性が身につくにつれ収入や生活が安定し、一人前の社会人として自立していくことができると同時に、社内スキルという明確な基準とそのスキル習得をサポートするマニュアルがあることで、仕事に対して自発的に意欲を見出すことができると考えております。
弊社では自ら主体的に専門性を身につけようとする社員に対して仕事に打ち込める環境を提供し、仕事そのものに面白さを見出していくことで中長期にわたって職務を全うすることを通じて、納得いく職業人生を送っていただきたいという思いを持っております。

Personnel system aiming
for fairness公正さを目指した人事制度

公正さを目指した人事制度

弊社の人事制度では仕事における役割を等級ごとに設定し、そこで定義されている要件を満たすことで昇格・昇進を行うという仕組みをとっております。

昇格・昇進に向けての各社員の評価の仕組みについては、一般的に行われている上司による部下の評価のほかに、自らを評価するという自己評価、部下が上司を評価するという360度評価を取り入れております。

また、昇格にあたっては推薦制度というものを設けており、場合によっては降格の推薦もできるという厳格な制度となっております。

今ご紹介したそれぞれの評価作業につきましては、すべて社員の手元にあるスマートフォンから操作できるようにしており、これらに関する一連のシステムは、自社独自で開発したものになります。

弊社の人事制度は、弊社の経営理念や社是、人材ビジョンや人事ポリシーに基づいたものであり、仕事ができるということと、人望があるということがセットになってないと、人の上に立つことができないという会社の意志を反映したものになっております。

Salary structure給与の仕組み

給与の仕組み

「仕事を通じて技能レベルを上げ、人望を集めて役職を上げ、働き続けて在籍年数を上げることが給与の上昇に比例する」というのが給与に対する基本的な考え方となります。

技能レベルを上げることに関しては、社内スキルやマニュアルの導入のところで前述しました通りになります。役職を上げるところについても先の人事制度のところでお伝えした通りになります。

また、働き続けて在籍年数を上げることが給与の上昇に繋がるという部分は、単に実力主義ではなく、年長者を敬うという弊社の基本的な考え方に繋がってくる部分でもあります。 すべての社員にチャンスをフェアに与えるという考えに基づいた明確な給与基準のもと、社員にとって安定して収入を得られる会社でありたいと考えております。